今週の重賞チェックと重賞オススメ競馬商材

フェブラリーステークスだけじゃない!2月22.23日は4つの重賞競走が開催

中央競馬2020年最初のG1競走が施行される今週末。

JRAではフェブラリーステークスを含め4つの重賞レースが行われます。

フェブラリーステークスはもちろん大注目ですが、

フェブラリーステークス2020出走馬チェック

他の3重賞も要チェックです。

ダイヤモンドステークス

フェブラリーステークスが開催される東京競馬場。

G1の前日である2月22日にも重賞競走

ダイヤモンドステークスが行われます。

ダイヤモンドステークスは芝3400mのG3競走。

冬の長距離重賞レースには、

前走芝3000mのOP・万葉ステークスを制したタガノディアマンテや

アルゼンチン共和国杯2着、日経新春杯4着と重賞に手が届きそうなタイセイトレイル、

弥生賞馬・メイショウテンゲンらが出走します。

京都牝馬ステークス

同じく2月22日土曜日には、

京都競馬場で京都牝馬ステークスが開催。

芝1400mの牝馬限定のG3レースには、

桜花賞2着秋華賞3着など重賞成績は(0.2.2.2)のシゲルピンクダイヤが重賞初制覇を狙う。

ほかには3連勝で一気にOP馬となったドナウデルタや

昨年牝馬クラシック三冠すべてに出走したビーチサンバ、

1400mで3勝と距離適性が合うアルーシャらが出走する。

小倉大賞典

そしてフェブラリーステークスが行われる2月23日日曜日には、

小倉競馬場で芝1800mのG3・小倉大賞典が開催されます。

小倉大賞典には皐月賞2着、ダービー、菊花賞3着のヴェロックスが出走。

有馬記念8着以来の出走で初の重賞制覇を狙いますが、

荒れるハンデレース。一筋縄ではいかなそうな予感がします。

重賞競走の強い味方は、川本さんの重賞勝負

2019年9月予想配信スタート後、6か月中5か月を黒字回収。

トータル回収率125.18%とザ・安定な重賞予想。

今月の的中レースは

シルクロードステークス
馬連6-8 2920円 ワイド6-8 1170円
根岸ステークス
馬連5-11 1400円
京都記念
馬連1-7 400円

2月はここまで的中率50%回収率176.92%

本命から万馬券まで様々な馬券を取り続けている

川本さんの重賞勝負。

今週末4つの重賞予想で、

いくつ的中馬券を獲得できるでしょうか。

川本さんの重賞勝負